ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤッターマン主題歌でもめたらしいね  
2008.01.16.Wed / 01:30 
NHKの
”おじゃるまる”
の原案者の自殺のときに 
多分書いていると思いますが 

最近のクリエーティブの人達には 
創価学会員が多く、自分達の思った通りにしないと 
絶対に気が済まないと言う風潮があるのではないのか?
そんな事を、もう、随分昔から思っています 
(今思うと、キューティハニーFが放送した辺りから 
 こうした雰囲気が合ったのではないか?
 と見てしまう)

それで、それに反対しようものなら 
たくさんいる信者を使い軽い嫌がらせを執拗にして来て
精神的に追いつめられる方向にいかされる 
という構図も出来ている様な気配を感じています 

西遊記にしても、あれも全く話し違うし 
内容的にも、ちょっと軽いなぁ 
と思うのだけれど 
あれはあれで、創価学会の視聴者の信者が褒める物だから 
もの凄く対策みたいな雰囲気が世間一般に出来ていたりする 
ように思ってしまう 

海外に置いても、
ダイハード4では突然、脚本が変わり 
主人公が重要参考人と偶然出会い、車に乗り合わす 
という内容に変更になったとかで 
脚本が変わった割には 
あまり評価受けていない気配(日本人以外?) 
ラッシュアワー2 
でもそうした事が行われて本当は違う俳優が 
出演する予定だったのが 
真田広之が抜擢されて 
あまり良い評価受けていないみたいな雰囲気 
(真田広之の実力云々ではなく、何でフランスで  
 日本人マフィア?みたいな) 

巨大な資金力をもっているので 
色々なところにスプンサートして 
顔を出しているのだろうけれど
最近、頼みから創価学会は口出ししないでほしいなぁ 
とつくづく思ってしまう 
(そういや、銀魂と言うアニメで、スポンサーの
 言う通りにしないとまずいからと言うつぶやきが 
 ある回があった まあ、その回DVD化しないのだろうけれど)
世界規模でそうした事が行われている様な気がしてならない 

そう言う事が目につく様になって 
やたらつまらなく感じるのだけれど 
ヤッターマンも 
多分そんな事が起こるだろうと思っていた 

もし、ヤッターマンのリメークが 
創価学会が作った作品だったとしたら  
昔と違い、人間味がどこか欠落していて 
話のやり取りに違和感をうけるような 
そうした物になって行くはずで多いに滑ってくると
おもうので 
(思ったより視聴率が取れない) 
そうなるのか楽しみであります  
(案外、話の節々に、創価学会が気に入らない人間の 
誹謗中傷とか入っていたりして
サブリミナル映像もついでに入っていたら怖いね)

追記 
ところで、こういう事があって 
ハリウット関係者は 
こびた様に両手を合わせて拝む仕草をするんだろうか?
それとも、何かの当てつけや嫌がらせの意味があるのかな?  

あと、去年の12月31日、
”冬コミックマーケット72”
に行った際に
「ゲゲゲの鬼太郎が機械的で、よくわからないよな」
という会話を耳にした 
オタクどもの間でも、最近のリメークでは
話の急な展開や人間味を感じない  
と思っている人がいるのに 
創価学会信者のオタクは、そう言うところ目をつむって 
”創価学会が納得し楽しめればいい” 
という風潮があるようにに受け止められてしまう  
「今風だから」
っていうけれど 
”今風”という言葉の裏に、そうした事があったりして  
 
それほど、マニアでもないし
見なきゃいいだけの事なので、
自分の生活には支障がないから 
別にいいけれどさ  
けれど、本当のところ、今の状況を見て 
それで、本当に納得している人いるの?
スポンサーサイト
テーマ:ヤッターマン - ジャンル:アニメ・コミック
COMMENT TO THIS ENTRY
--ブランデーを愉しむ--

ブランデーの検索サイト。飲み方、ナポレオン、ブランデーグラス、ブランデーケーキ、梅酒作り方などブランデーに関する各種情報をお届けしています。 http://lavage.tallmadgetitans.com/

- from  -

   非公開コメント  
スポンサーサイトヤッターマン主題歌でもめたらしいね のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
プロフィール

魄鸚

Author:魄鸚
日本には幻聴者60万いるといわれますが
本当に幻聴?
電磁波で出来るかもしれなよ(?)
特殊電波を悪用した、組織的ストーカーなるものあるかどうか
自分の体験を日記として書いています

名前の由来
「魂魄」
色、真鍮のごとく光て 火をも燃ゆる形別にきらめき またとも灯し火とも赤きもあり
上の方へと飛び上がるや 地中に落ちるときは必ず
地中より亡魂現る。あるいは悪人を跡から追い行き
又人の行かぬ先をずっと行抜けて先にいて待ち合わせる
こと事有
もし取り付いて人に恨みを述ぶる時は、その人の近所をぶらぶらついてゐる
こういう時は、魂魄もちと暇な時分と見えたり
肉体から解き放たれた魄はこの世に
とどまって災いを起すであろう
(辞書サイト引用)
「鸚鵡」
オウム信者と誹謗中傷されているので
(そういう事実はないのだが)
あてつけに、この字と組み合わせて
「魄鸚」と命名

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 集団ストーカー 八潮団地 電波放送中 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。